読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六花ノ雨音

六花恵のABUNAI日記。思うままに世界を楽しむブログです。アクセサリー作家、トータルビューティー、音楽、アートなど。

弱った時は〜疲れていることを自覚する〜

今、とてつもなく弱っている。

新しい環境でのビジネスが、肉体的にハードで精神的にもしんどい。それに生理前ときた。

 

私は随分前からベジタリアンに近い生活をし、肉はほぼ口にしていなかったのにここ最近では大量の肉を食べている。肉しか食べていないかもしれない。

 

多分これはストレスによるものだと思う。

都心のサラリーマンで異様に太った人をたまにみかけるが、あの人たちの気持ちが分かる。口唇欲求を満たしたいのだ。お母さんのおっぱいに吸い付く子どもと心理的には同じものである。

 

しかしこんなストレスだらけの生活にもすぐ慣れるだろう。

一緒に働いている人で、過去に何度も病気(胃にまつわる)をして職を転々としている人がいるが、私は彼女のようにはならない。

病気を作るまで我慢して働くことができないからだ(笑)

 

世の中の女性は我慢し過ぎである。もともと我慢強いのが女性の特徴だが、そこまで我慢してなんの意味があるのだろうと問いたい。

もっと楽に心地よく生きていたいものだ。

 

ところで、私が弱ったときは、いとこ(7歳女の子)とラインをする。

と言っても、彼女はまだ自分の携帯を持っていないので、休みの日になると親のiPhone を横取りし、それでラインしているのだ。

いとこはまだ文字の入力ができないから、ボイスメモに声を入れてそれを送ってくれる。

なので、私もボイスメモに声を吹き込んでおくる。出先だろうがカフェだろうが電車だろうがおかまいなく

 

「めぐもげんきだよぉ〜〜♡♡でれでれ」

 

iPhoneに向かって喋っているんである。

いくら熟れた女だとしても、はたからみたら気持ち悪いだろう。しかし気にしないのだ。そんなこと気にしていたら私の返信が送れ、いとこからくる返事もおそくなるだろうが!

 

ラインでボイスメモだけを送り合っているのは、初めてである。

こんな使い方もあるんだなあと感心したくらいだ。

 

そして私は今日も癒され、また頑張ろうと思えるんである。

 

 

私の小説をよろしくお願いします。

 

f:id:subeteumai:20150607194735j:plain

 

www.amazon.co.jp

スポンサードリンク