六花ノ雨音

六花恵のABUNAI日記。思うままに世界を楽しむブログです。アクセサリー作家、トータルビューティー、音楽、アートなど。

おいおい冗談じゃないよ誰が他人を部屋に入れるかっての〜酔っぱらいの戯言〜

私は未だかつて、今の一人暮らしの部屋に他人を入れたことがない。友達や恋人はもちろんのこと、消防何たらで上がろうとする奴なんかは、断固拒否だ。家族すらも、来る2日前くらいから準備をする。

 

何の準備かというと、そこら中に貼ってある言葉や絵を剥がして、本と本の間に眠らせるのだ。何でそんなことをするのかって?そりゃぁ心配をかけないためだよ。心配にもなるよ。そりゃぁなるよ。それに私が恥ずかしいもの。恥ずかしいものをたくさん壁に貼るという習性があるんだもの。仕方ないじゃない。ねぇ?

 

だからよく思うの。もしこのまま(眠ろうとしています)目が覚めなかったら、死んでも死に切れないだろうなと。壁に貼ってあるものだったり、変なオブジェだったり、すべて回収するまえに知られてしまうんでしょう?もう・・・どうなるんだろう。。手帳とか、PCの中身とかも全部見られるんでしょう?

 

べつにさ、アダルトビデオくらいならどうってことないと思うの。まぁそんなもんはないんだけど。それよりもさ、もっっときついものあるじゃんね。

もし自殺だとしてみい。さもありなんと思われるような部屋だもの。だから自殺する前はみんな、身辺整理ってものを無意識にするのかもね。まぁしませんが。

 

 

ところで何がいいたいかと言いますとね、近々引っ越しをするんです。その引っ越しの見積もりで、一度お伺いしてもいいでしょうかと言われたのです。冗談じゃねえと思いました。電話で十分だろうがと。

しかし、その引っ越し業者は伺わないと金額が分かりませんのでというので、辞めて他の業者にしました。電話だけで見積もれるはずだろうが。

そもそもね、他人が自分の家に入ってくるのがとっても嫌いなのです。もう虫唾が走るくらい嫌です。裸にされていろんな物を突っ込まれている気分なのです。

 

分かるでしょ?!

 

出て行く1週間前に退去立ち会いってのもしなきゃいけないんだけど、それも今から憂鬱。

 

それと、私は誰かと一緒に眠ることが出来ないんです。多分とても神経質なんだと思います。彼氏だったら、慣れれば大丈夫かもしれないけれど時間がかかりますね〜〜。それをじらしだとおもって喜んでいる男がわんさか・・・おめでたいですね。

 

しかし次に引っ越す部屋は、ルームシェアなのです。ここが私の矛盾な点でして。普通なら嫌でしょう?でも私は、彼氏とかのほうが嫌。他人だったらシェアできる。それに何だか楽しそうじゃない?

アメリカでシェアしてて、結構楽しかったからさ、これならやれるわーと思ったの。もちろん個室鍵付きじゃないと嫌だけどね。きっとルームメイトからは徐々に、あいつキモイって思われていくだろう。笑

 

そんなこんなで、人生楽しんだもん勝ちです。

わたし、サラリーマン苦手です。

 

 

f:id:subeteumai:20150807223633j:plain

 

 

スポンサードリンク