読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六花ノ雨音

六花恵のABUNAI日記。思うままに世界を楽しむブログです。アクセサリー作家、トータルビューティー、音楽、アートなど。

坊主の女〜別に女を捨てたわけじゃないんだから〜

昨日、髪をちょっと切って黒く染めてきました。染めた後に思いました、やっぱり私はアジアンビューティーと。

黒くする前は、ピンクに近い茶髪でした。なんでそんな色にしたかったんだろう。多分頭の中ピンク色だったからだと思うよ。だからと言って今頭の中が真っ黒というわけではないです。

 

その美容室での会話を聞いて下さい。

 

 

私「私、まったく髪型にこだわりがないんですよ。ほんとに何でもいいんですよね。」

美容師「そうなんだ〜。でも、黒い方がいいよ。うん黒がいい。」

私「そうですかー?こだわりなさすぎて、昔坊主にしてたんです。」

美容師「マジで!?いくつのころ?」

私「23、4のころ」

美容師「23、4で・・・」

 

 

 

 

(実際の写真です)

f:id:subeteumai:20150820121256j:plain

 

 

 

私「それで毎日違うカツラかぶってました。仕事の時は黒いロングで、それ以外はピンクとか」

美容師「それいいね、休みの日会っても誰か分からないね。」

 

 

 

 

(実際の写真です)

f:id:subeteumai:20150820121419j:plain

 

 

 

 

私「はぁ。なんで髪の毛ってあるんですかね・・・。」

美容師「・・・」

私「私、もういつはげても怖くないです。」

美容師「なんの決意なのw」

私「でも今はせっかく生えてくるからのばしてるんです」

美容師「なるほどね〜」

私「女だし。」

美容師「それでバッサリ切ったりするの?そういうのって非日常だからストレス解消なんだよね。」

私「あぁ!なるほど。そうですね、坊主にした時もロングだったし、のばしてのばしてボブにしたりとかいつもやってました。」

美容師「坊主にしたとき人に何かいわれなかったの?」

私「うーん・・・どうだろう。さもありなんって感じでしたかね」

美容師「(爆笑)」

私「昔働いていたバーで、坊主にしたことを言わないで普通に飲んでて、なんの前触れもなくカツラを取った時は超盛り上がりましたね。」

 

 

 

f:id:subeteumai:20150820121854j:plain

(実際の写真です)

 

 

 

私「その時隣に髪のうすい人が(写真右)座ってたので、その人に私のカツラをかぶせたら超ノリノリで」

 

 

(実際の写真です)(許可取ってないんですが大丈夫でしょうか)

f:id:subeteumai:20150820122012j:plain

 

 

 

私「でも今じゃその店移転して、そのあと変な店入っちゃって。」

 

 

 

 

(実際の写真です)

f:id:subeteumai:20150820122212j:plain

 

 

 

私「確かシャンプーって言う名前の店だったような気がするんですけど・・・シャンプーなんて私と隣のおじさんには必要ないんですよね。」

美容師「・・・(苦笑)」

私「そう言えばカツラって、髪がある状態でかぶるとかゆいんですよね〜。カツラも一応洗うんですけど、結構ホラーですよ。ははは」

美容師「ははは」

 

 

 

 

(実際の写真です)

f:id:subeteumai:20150820122448j:plain

 

 

髪の毛の存在理由を確かめたくて、早起きしてバリカン片手に坊主にしたのは遠き日の思い出。しかし、髪の毛がなくて寂しかったのはライブの時だけだった。頭をふるとばっさばさとなびくあの感じが坊主だとないし、カツラだと飛んでいきそうで怖いからできない。

そして今、また髪の毛いらないなっていう周期に入っている。これで彼氏でもできたら思いとどまるのだろうか・・・。

 

関係ないな。

 

 

 

 

スポンサードリンク