六花ノ雨音

六花恵のABUNAI日記。思うままに世界を楽しむブログです。アクセサリー作家、トータルビューティー、音楽、アートなど。

物より思い出〜本当に大事な物だけが残る〜

さきほど、BOOK OFFに本とCDを売りに行った。引っ越しをするので、極力物を減らそうという試みなのと、その物からの卒業という意味も込めて整理整頓したのです。

例えば、美輪さんや江原さんの本。これらはもう10代の頃から読み続けている。彼らの信念や言いたいことはもう暗記してしまっているので、お二人の本は全て売りました。

しかし、美輪さんの「紫の履歴書」は買い取ってくれなかったのでお持ち帰り。なぜ買い取ってくれなかったのでしょう。状態が悪い訳でもなしに。重すぎたのかしら。うちじゃこれは手に負えない、なんてことあるかいな。

それと、ワンオクの35や一部メタルのCDも売りました。ほんとCDって買わなくなっちゃった。昔はCDプレイヤーだけだったでしょう?だから買っていたけれど、今じゃものを極力増やしたくないので、PCに保存できればいいって考えちゃう。だから、本当に好きな本、好きな音楽しか手元に残っていない。

 

でもそれでいいのだ。生きていると、いいものも悪い物もどんどん蓄積していくばかりで、気がつくと重く狭くなっている。生活スペースも体重も。だからたまにはデトックスをした方がいいですよ。自分のスペースは限られているんだから、咀嚼して消化吸収したら排泄しなきゃいけない。

この本からはもう卒業できるなぁ、この音楽の波動は今の自分には合わないな、なんて考えながら物を処分していくと、とてもスッキリしますから。

 

買うつもりはなかったのだけど、この2冊まだ読んでない!と思って買ってしまった。

 

f:id:subeteumai:20150830190854j:plain

 

結局、手元に残っている本はほとんどが中島らもだったりする。らもさんの本は何回だって読めちゃう。彼の文章は、私を軽くさせる力をもっているのです。

つまり、笑うと人はプラスの波動になるので、ふっと気持ちが楽になる、ということ。らもさんは人を笑わすことに命をかけていたような人で、あのスローな言動から引き出されるシュールな笑いには、何度抱腹絶倒させられたか分かりません。

あーあ。遺伝子ホルマリンに浸けておけばよかったのに。

 

 

 

買い取り計算が20分ほどかかるとのことだったので、私は店内で心理テストをして時間を潰していました。

しかしそのなんだね、ただのテストでなんでそこまで言われなきゃいけないのだろう。なんでただのテストなのにそこまで言えちゃうんだろう。まさにその通り、な結果になりました。突然変異。

 

f:id:subeteumai:20150830192422j:plain

 

人と違う、なんて思ってはいなかったですが、人がみんな同じに見えることはありました。その中で、浮いた人を好きになるという傾向は今も昔も変わりません。

それに本州に引っ越すのも、なにもかもすべて「直感」とか「なんとなく」です。人になぜと聞かれることが多いんですが、そのなぜに答えられないんです。

自分で自分を振り回している感、ありますね。

 

 

 

スポンサードリンク