六花ノ雨音

六花恵のABUNAI日記。思うままに世界を楽しむブログです。アクセサリー作家、トータルビューティー、音楽、アートなど。

思いは現実になる~北海道が生んだROCKER、亜矢~

当時は亜矢が復活するとは思ってもいなかった。ただ、今どこで何しているんだろうと想い続けていた。しんどいときはいつも亜矢を聴いた。街で亜矢に似ている人をみかけたら、絶対本人かどうか確かめた。亜矢に会うまでは絶対に死ねないし死なないと決めた。それだけが心の支えだった時期もあるくらい。

 

それから9年、私の想いはついに叶ったのです。

 

f:id:subeteumai:20150914191309j:plain

 

ずっと片想いだったのがようやく実ったような気分。亜矢はサディストで、MCでも「放置プレイごめんなさい」なんて言っていたけれど、どちらかというとサディストな私は、亜矢に言われるのならいいかと思ってしまった。

覚えている範囲でセトリを書きます。

 

Nobody

Shelter

禁じられた歌

we.

メーデー

Angelica

DEADEND

 

大体こんな感じ・・・。間違っていたらコメント下さい。

 

今まで見てきたライブでは感じられなかったものがありました。雑念が全く出てこなかったんです。例えば自分が見たいライブでも、この後どこに飲みにいこうかなとかふと考えたりするじゃない?それらが一切ありませんでした。ライブに集中しきっていたんだと思います。だから、亜矢の一挙一動も目に焼き付いているし、いつも覚えられないセトリも記憶していたし。好きなものに対しての人間の能力って、もの凄いのかもしれない。

幕が開いて、亜矢が出てきた時、うわーほんものだあやが動いている!なんて思っちゃったりして。これじゃアイドルのコンサートやんキモイわ自分!なんて突っ込んだりして。おじさんが子供みたいに号泣してたり、今まで待ち続けたファンは本当に報われた、最高な夜だったんじゃないかな。

 

あの唯一無二な歌、本当に素敵でした。どうしたらあんな透き通った綺麗な歌がうたえるんだろう。

技術じゃなくて感情で歌ううた。亜矢こそ本物のロッカーだ。だからあなたは愛されている。孤独を感じても、あなたは確実に愛されているからね。

 

f:id:subeteumai:20150914191330j:plain

 

余談ですが、ライターの増田さんいらしてましたね?NINのTシャツ着てた人、そうだよね?本当に亜矢のこと好きなんだなぁ。亜矢は亜矢で全く年とらないし・・・。美魔女とかいう次元の話じゃなくて、多分自分の感性がそうさせているんじゃないだろうか。

最近思うのが、音楽をやっている人はなぜこんなにも面白くて好きなのかということ。私なりに出した結論は「正解のないことをやっているから」です。

つまり、自分の感性を信じて音楽をやる。正解のない中で、自分で正解をつくり出す。それが唯一無二なものになって、心が喜んで、肉体が老け込まない。

だけど他者や世間の正解を生きている人は、心が喜ばないから、科学や技術でいくら外見を磨いても、どこかやつれている。そんなかんじ。

 

つたない文章ですみません。何だか今回はスラスラ書けなかった。

復活ライブを見て、私も絶対に欲しい物や人を諦めない、信念は絶対に曲げない、と心に誓った。亜矢は本当に強い。私もそうあろう。自分の想いは現実になる。自分の想いが現実をつくるのだから。

 

明日を描けず、取り残された昔の私はもうどこにもいない。それはきっと亜矢も同じ。

亜矢のこれからの活躍をおおいに期待して。I wish you good luck.

 

f:id:subeteumai:20150914191237j:plain

(画像はクルーエルシーGoogle+から拝借しました)

スポンサードリンク