六花ノ雨音

六花恵のABUNAI日記。思うままに世界を楽しむブログです。アクセサリー作家、トータルビューティー、音楽、アートなど。

考えていることがバレバレだよ君〜嘘はつけない世界〜

前回のブログで、この世界は想いの世界だということを書きました。久々に会った飲み友達と話している時、その人がこんなことを言いました。

「すっごく悩んでいた時、後で親にそのことを言うと、(そんなことだろうと思った。だってお母さん夢でみたもの。)と言われた。だからそれ以来あまり考えないようにしている。心配かけたくないし、全部バレてるんだと思うとね・・・笑」

 

そうそう、お母さん素晴らしいよ。夢にみたことをすんなり受け入れられちゃうところ。例え距離が離れていても、大事な人のことは手に取るように分かるんでしょうね。そのお母さんは、普段はガサツな人らしいですが、自然とスピリチュアルに生きているんですね。素晴らしい。

みなさんにもありませんか?そんな経験。例えば、電話しようと思っていた人から電話が来たり、あの人今どうしているかなと考えていたら外でばったり会ったりとか。これは偶然じゃないんですよ。寝ている間にね、二人は会っているんですよ。それで、また明日ねって約束して目覚めるんですよ。面白いよね。

 

爆音でメタルが鳴っているバーでそんな話をしていたら、面白い経験をしていたことを思い出しました。

昔、もうどのくらい前か分からないくらい昔にね、ミュージシャンと付き合ってたんです。その人は鍵盤を弾いて歌っていて、おっしゃれ〜な音楽をやっていました。メタルなんか好きな私とは大違いでしたが、仲良しでした。

 

f:id:subeteumai:20151006151719j:plain

 

でも、どこか違和感があって、なんかこの人違うなと思ったんです。まだ付き合って2ヶ月だし別れるのもな、ただこの人のことを知らないだけじゃないかな、とかいろいろ考えて、様子をみていたんです。

ある日その彼が、ライブをするからおいでと誘ってくれました。でもその日は仕事で行けず。後日Youtubeにライブ映像を載せていたので、一人家で見ました。

3曲目あたりでMCが入って、1週間前にできたばかりの曲をやりますと言って弾きがたってました。それはラブソングで、歯が浮くくらいの熱い曲でした。しかしいかんせん響いてこない。何も感じない。付き合っているんだからこの曲は私のことを歌っているんだよね?でも何も感じない、それどころか誰か他人のことを歌っているような気がする、何だこれ。

その曲が終わる頃、私は直感で「こいつ、他に女がいるな」と思いました。そう感じたら行動は早い。寝ている隙に合鍵で家に入り、PCから携帯から全部見てやりました。案の定、出てくる出てくる、はめどりやらなんやらかんやら・・・(笑)

もう関わりたくなかったので(それ覚悟で捜索したんだけどね)、合鍵を置いてPCを風呂の湯に浸けて、携帯を反対側に折って家を出ました。殺されなかっただけマシと思え。(キレたら怖いよ。)

しかしやり手な男でした。証拠を絶対に零さず、友達には紹介してくれて、オープンハートに見せかけているから最初の頃なんて、全然疑わなかった。でもカンが教えてくれるんだね。この人じゃないよっていうのをね。2ヶ月でドロンできて良かったと思います。 貴重な自分の人生を無駄にしなくて済んだ。

 

ということでね、ミュージシャンのみなさん、カンのいい女にはご注意くださいね。あなたの歌、誰にどんな気持ちで歌っているかバレバレですから。音楽なんて本当に分かりやすいというか、そもそも歌なんて求愛行為のようなものだし。芸術の中でも伝わりやすいんじゃないかな。

「カンの悪い女」という生き物はいないので、すぐにバレるんだから素直に生きていくのがいいと思うよ。一人じゃ満足できないなら同時に何人もの人と付き合うタイプなんだ俺、って言った方がいいと思うよ。それでもいいわって人いるだろうしね。私は嫌だけど。

カンが悪いフリをしている女はたくさんいますけどね。

最近、気功をはじめたから余計分かるようになっちゃってね。人が次何をしゃべるかとか、人のエネルギーの流れ(健康状態)とか、生活状況とかね。電車に乗っていても、あの人霊障いるわ〜とか、あの人もうすぐ死ぬわとか。

 

この男以来、私はダメな奴に引っかかることがなくなり、いい男を見極められるようになりました。自分のカンを一番に信用するようになったからです。信用しよう!と思ったわけではなく、自然に信用するようになったんです。そうなったら、とても生きやすくなった。

でもオバケは見たくないです。そういう能力はいりませんのでそこのところお願いしますね神様。

 

 

 

 

スポンサードリンク