読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六花ノ雨音

六花恵のABUNAI日記。思うままに世界を楽しむブログです。アクセサリー作家、トータルビューティー、音楽、アートなど。

シェアハウス物語3〜Kさん、その歯ブラシ現役だったんだね〜

やっとKさんのお話をしようかと思います。前回までのシェアハウス物語はこちら

 

シェアハウス物語〜うちの変わった人たち〜 - 六花ノ音

シェアハウス物語2〜都内の一人暮らしは厳しいわ〜 - 六花ノ音

 

彼女は私より少し年上で、物書きになりたい夢を持っています。どこかの学校にも通っているらしく、こっちに引っ越してきてから毎日・・・暇そうです(笑)

というのも、まだ仕事が見つかっていないらしく、朝から掃除機がーがーかけたり、洗濯したり、見た目も中身もまるで主婦です。10時すぎには眠りにつくので、規則ただしい生活が身に付いているんでしょう。

まだあまり慣れていないせいか、Kさんは私たちを避けている様子です(笑)

キッチンの扉は普段開けっ放しなんですが、Kさんがキッチンを使っているときは必ず閉まっています。私はお構いなしに開けて入っていきますが、Mちゃんは「戸閉まってるンダヨネ・・・」と遠慮して入れないそうです。

ここで、なぜキッチンの扉を閉めるのか、考えてみました。

 

一、入ってくるなという表現(Mちゃんはこうとらえています)

一、寒いから

一、まだ寝ている私に気を使って、音が響かないように

 

本人に聞かないと分からないですね。でも以前こんなことがありました。

ある日私がいつも通りキッチンの戸をあけると、Kさんがお食事されてました。おいしそ〜だね〜と言いながら私は自分のご飯を準備しはじめました。するとKさん、食べていたもの全部持って自分の部屋へ行ってしまいました。

 

おーーーい!!(笑)

 

なんやねんそんなに私のこと嫌いか、つか君そんなんじゃやってけへんで、シェアハウス向いてないやんと一人愚痴りました(笑)でもこの前、おみやげくれました(笑)

 

いつもどこか挙動不審で、人の顔色伺って、喋るのも落ち着きがない、妄想で生きているような、へんなひと。だけど、そういう人って、小説家とかシナリオライターに多いよね。私は見た目放置しているださい小説家、きらいだけどね(笑)(小説家として嫌いなだけね)

私はこれからも自分のペースで、やりたい時にやりたいことをして、のびのび生活していこうと思います。そうすればKさんもそうなってくれるんじゃないかな。(そんなに気を使わないで下さい〜って、何回言ったことやら)

でも、一つだけ言いたいのは、その一年くらい使っていそうな歯ブラシ、変えた方がいいよ・・・排水溝でも磨くやつかと思っていたよ・・・現役なのかい・・・。

 

そして、家に帰り手を洗っていると、KさんのおNewな歯ブラシが目に入ったのでした。思いが通じた・・・変えるの遅すぎたくらいだから(笑)

 

はぁ・・・面白いなぁ。人って。

 

 

f:id:subeteumai:20151204173315j:plain

 

 

 

スポンサードリンク