六花ノ雨音

六花恵のABUNAI日記。思うままに世界を楽しむブログです。アクセサリー作家、トータルビューティー、音楽、アートなど。

1/5の日記

もう新年あけて5日も経ったんですね!何もしていませんけど!

でも、今年からはそれで良しとしています。

合言葉は「いいんじゃね?」です。

みんなで言ってみよう、せーの

 

 

 

 

いいんじゃね?

 

 

 

せーの

 

 

 

いいんじゃね?

 

 

 

 

 

せーの

 

 

 

 

いいんじゃね?

 

 

 

 

 

 

生きてるだけでいいんじゃね?

そんな大それたことしなくていいんじゃね?

おもしろくて楽しいことだけしてればいいんじゃね?

いいんじゃね?

人間は無意識のうちに頑張っちゃう生きものなので、たまに「いいんじゃね?」って言ってみると楽になれます。 

 

そもそもこのいいんじゃね?ですが、私の友達が口癖のように言っていて、気に入ったんです。その子は特にやりたいこともなく、3LDKのマンションで悠々自適な一人暮らしをしていて、掃除は適当で、皿も流しにため放題、だけどそんなに汚く見えなくて、不思議で不思議で。

たとえ話のつもりでこんなことを聞いてみました。

 

「休みの日にさ、昼過ぎに起きちゃうといくらニートでも罪悪感もつよね?なっちゃん(友達)でも罪悪感もつでしょ?」

 

なっちゃん「・・・ザイアクカン?・・・もたない。」

 

 

「じゃ、じゃぁ15時くらいは?!」

 

 

なっちゃん「・・・もたない。」

 

 

 

罪悪感という言葉をはじめて知った子どものような返答でした(笑)

私は小さな頃から生きてるだけで罪悪感を感じていたので、なっちゃんのような友達は天使だし先生でもあるのです。

休みの日に昼過ぎに起きちゃったら、いくら普段罪悪感なんて感じない人でも罪悪感を持たざるをえないと思ってたけど、そうじゃない人もいるんですね。

なっちゃんは罪悪感なんてほとんど感じたことがないそうです。最強や。

 

 

f:id:subeteumai:20160105235743j:plain

 一体自分にどれだけの能力があると過信して、使命感みたいなのを持って切磋琢磨して、必死にやってきたんだろう。そうしたい人はそうすればいいさ。でもそうしていたら、週に一度寝込むようになってしまったんだ。こりゃ無理だwと思うよね。できる人と、できない人がいるってだけの話さ。俺たちは猫なんだ。犬みたいにお手なんてできないよ。そりゃぁやればできると思うよ?だけど俺たちがお手して誰か喜ぶのかな?あったかいところで昼寝してた方がみんな安心してくれるんじゃないのかな?「あぁ、またあの猫がいる」って。ただいるだけでいいんだって。頑張ってる猫なんて迷惑なだけだろ?なぁ、そうだろ? 

 

 

 

 

今日はそんな、「いいんじゃね?」で生きている私にイライラしてきた母に嫌気がさし、予定より1日早かったけど実家から逃げてきました!

がんばり教の母は、それを子どもにも押し付けてきますが、こういう時は

 

 

 

逃げるが一番!!!

 

f:id:subeteumai:20160105234104j:plain

 

 

 

 

「ちゃんと自分の人生考えて」

「ちゃんと生きられるように頑張って」

「もっとしっかり自分の人生考えて」

「テレビ(昨日のEテレのphaさんのことでしょうw)に惑わされないで」

 

 

油断していたらこんな呪文を聞かされるのです。

やり合うなんてナンセンスです。

一体どうなってほしいのだろう・・・そう聞くと決まってこう言う

 

 

 

 

「良い人見つけて食わせてもらえば働かなくて済むじゃない」

 

 

 

何か、言ってることいろいろおかしいです・・・

あなたそれ失敗してるのに娘におすすめできる人生ですか・・・

一刻も早く責任放棄したいのがひしひしと伝わってきます・・・

しかしもうあなたには責任などないのです・・・

自分で架空の責任作って手放さないだけなのです・・・

 

しかし一言だけ言っておこう

 

 

 

「ブログのネタをありがとう」(本当に何もしていないのでネタが尽きるところだった)

 

 

またあした。

 

 

 

 

 

追記

お雑煮を作ろうと、冷凍してあったお餅を解凍したらこんな風になってしまいました。

 

f:id:subeteumai:20160106004533j:plain

 

 

 

 

f:id:subeteumai:20160106004557j:plain

 

 

 

たべました。

 

 

 

広告を非表示にする
スポンサードリンク