読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六花ノ雨音

六花恵のABUNAI日記。思うままに世界を楽しむブログです。アクセサリー作家、トータルビューティー、音楽、アートなど。

ヘッドフォンチルドレンによる歪んだhistory of music

MESHUGGAHのFuture Breed Machineを聴きながら書いています。こんばんは。

 

www.youtube.com

 

 

 

昔、ヘッドフォンチルドレンという曲がありましたよね。THE BACK HORNの。

私は中学生からずっと、リアルヘッドフォンチルドレンでした。

 

大げさな女の子が心の傷を自慢してる あんな奴とは違うと唾を吐いて見てみないふり 不意に人にぶつかって 不意に音楽が途切れて 自分が自分じゃなくなる気がして車道にうずくまる  

 

 

こんな子、いっぱいいたし私もそのうちの一人だった。

何でロックとかメタルが好きかって、守られている気がしたから。音に埋もれていれば自分を見なくて済むし、家の中で飛び交う罵声を聞かなくて済んだし、とにかくヘッドフォンをするということは、外界からの逃避に過ぎなかった。

 

ヘッドフォンをしても、鬼束ちひろとか聴いていたら外の音が聞こえるでしょう?だからだめ。聴くのはバラードじゃない。全ての音をかき消してくれるロック。でもそれも次第に効かなくなってきて、もっともっと激しいの頂戴、って突き進んでいったらメタルにたどり着いたのです。

 

何で外の音を聞きたくなかったかって、うちには精神崩壊した人間がいるので、その人の声を聞きたくなかったんです。人間は環境に染まってしまう生きものです。子どもの頃は特にね。

それと、中学の頃住んでいた家は山の中にあって、うるさいくらい静かでした。生きものの音が嫌ってくらい聞こえてきて、みんな生きてるんだっていうことを認めたくなくて、こんなのばかり聴いていました。

 

www.youtube.com

(改めて当時の映像をみると凄いな・・・やっぱり勢いがあるし鮮度がいいですね。) 

 

 

私は、ヘッドフォンをしていたからその頃を乗り切れたし今がある。

聞きたくないものはシャットアウトしていいんです。逃げ道という道は、たくさんあっていいんです。

っていうことを言いたくて、今もヘッドフォンして布団の中で丸くなってる人に向けて、書きました。

いつか音楽や言葉で、表現します。

届いたらいいな。

 

 

私の音楽はこんな始まりだったけど、今では感謝しかないですね。

もうスリップノットKornも飽きてしまったけど(笑)

私を守ってくれて、ありがとうございました。

私も誰かを守れるようになりたいです。

 

 

 

 

スポンサードリンク