六花ノ雨音

六花恵のABUNAI日記。思うままに世界を楽しむブログです。アクセサリー作家、トータルビューティー、音楽、アートなど。

猫の嫌いなところ

猫の嫌いなところ

 

 

ふてぶてしい。

 

f:id:subeteumai:20160317201718j:plain

 

 

愛想笑いというものがまったくなっとらん。

地球上で生きていくのであれば愛想笑いの一つや二つ見せてくれたっていいだろうに、やつらはご飯をもらうことしか考えていない。

 

飼い猫は、自分を「飼わせてやってる」と思っている。犬と圧倒的にちがうところはそこだ。犬は「飼ってもらってる」と思っている。

 

f:id:subeteumai:20160317202135j:plain

(だから犬ギターにされてもがまんする)

 

猫は気分で動く。気分がよければ、昨晩猫パンチをした相手にでもごろごろ言うことができる。うしろめたさはどこにもない。ただごろごろしたいからしている。

 

f:id:subeteumai:20160317202338j:plain

「昨日、パンチしたからな。ばつが悪いや。今日もちょっと離れておこう」

などという配慮はない。

 

猫は、飼い主を操作することがうまい。

 

f:id:subeteumai:20160317201801j:plain

 

無言でそこにいて、しっぽを魅力的に動かせば飼い主も動くと思っている。しかし私はその手にはのらない。道で猫を見つけたらとりあえずおいかける。猫が獲物を追いかけるのと同じ要領で追いかける。

 

しかし猫は逃げ足が早い。そしてあっというまに消える。誰にも捕まらない。毎日ゴロゴロしているだけなのに、どこでそんな運動神経を身につけたのか、疑問だ。猫が筋トレをしているところは見たことがない。

 

猫はこそ泥だ。物も心も同じ要領で盗む。罪悪感はない。

 

f:id:subeteumai:20160317201910j:plain

 

 

 

ここまで書いて気づいた。これはだいたい私のことだ。

 

 

 

 

 

広告を非表示にする
スポンサードリンク