六花ノ雨音

六花恵のABUNAI日記。思うままに世界を楽しむブログです。アクセサリー作家、トータルビューティー、音楽、アートなど。

生理で脳が荒れているから一回死なせて下さい

こういう時ってさ、ポジティブなもの見ても「私はこんなにポジティブになれない」

って思うし

ネガティブなもの見ると「私もこの人と同じだ・・・」

って落ち込むし

 

何したってダメなわけです。

意識してないと呼吸すら止まってる。

だけど何もしないと罪悪感が襲ってくるでしょ。「時間を無駄にしている」と。

どうしろって言うの!って叫びたくなるし実際叫んでます。

そんな時はとにかく体に心地いいことだけをして、心は無視。

心っていうかね、脳みそのある部分がなくなっちゃった感じするんですよ。

鬱のときと同じ感覚です。

文章を書く気にもなれないし、本を読むことも音楽を聴くことも無理

ギターだけはかろうじて弾けるんですが、うちにはアコギの音が嫌いな人がいて

家で音が出せないので弾けないのです。

お風呂場で弾いてもだめ。最近は車の中で弾いてます。

家で自由に弾けたり歌えたりできたらいいなぁ。

 

この感じととことん向き合って

自分で自分を癒すことをするのもいい

昨日まであんなに楽しかったのに、今日は何で生きてることすら嫌なわけ?

と、返事のない質問をしてみたり

 

そういえば私のやりたいことの中に「一回死んで生き返りたい」

っていうのがあって、今やってみるか?とか思ったり。

死ぬっていう体験ってみんな出来ることだけど、生き返るって誰もが出来るわけじゃないでしょ

生き返ったら、生に対する考え方とか変わるんだろうか。

でも、生き返れなかったら嫌なのでやりません。

 

無理に良くしようと思わないで、嵐が過ぎ去るのを待つか

うちには気功という秘密兵器があるから、それで良くするか

 

だけど、この荒れた自分でもうすこし居たいと思う

自分を苦しめてやりたい

ざまあみろっていうささやきがきこえる

もっと苦しめばーかって言ってる

自分に

 

いつか、もう死ぬんだっていう時がきたら、自分で自分を殺してみたい

そしたら、この壮大な復讐も終わる

自分のことを大好きで大切にしている一方で

憎たらしくて仕方ないという感情も同時に持っている

これは自然でしょう?

好きな人がいても、その人の全てを好きなわけじゃない

好きと嫌いはセットなんです。

 

そうか、今は自分の嫌いに向き合う時なのかな

 

生理の時は感情のデトックスも行われるとかカッコいいこと思えないのよ

子宮がいっぱいいっぱいで他の器官にパワーいってないだけでしょ

私はこの子宮を活用するのだろうか。今のところその予定はない。

昔は本気で子宮摘出を考えていた。

今は感謝するようになった。

だけど、たまにこんな風になるのはやだよ。

武田双雲のキラキラポジティブwordsに腹が立つ

そのくらい荒れている

 

 

女、七不思議。

 

君には私を救うことなんてできないでしょ。

 

 

 

スポンサードリンク