六花ノ雨音

六花恵のABUNAI日記。思うままに世界を楽しむブログです。アクセサリー作家、トータルビューティー、音楽、アートなど。

どうして好き嫌いを無くそうとするのだろう。I♡Meshuggah

この記事は大人対象に書いていますので、子どもには当てはまらないかもしれません。

 

 

 

今ですね、Meshuggahという北欧のメタルバンドの「I」というアルバムを聞きながら書いています。このアルバムは、1曲20分弱でできているミニアルバムです。

 

www.youtube.com

 

I

I

 

 

 

 

いやー、いいですよ。この音の洪水。何言ってるんだかさっぱり分からないですけど(英語ですけど)、こんなのライブで聴いちゃったら大変なことになりそう♡

世間的にはただのうるさい音楽ですが、私にとっては身も心も休まる癒しの音楽だったりします。芸術作品という名にふさわしいバンドだと思います。

 

 

今回好きと嫌いについて書きたいなと思ったのは、メシュガーから始まりました。

私たちは、世間的によしとされるものを「好き」にして、世間的に良しとされないものを「嫌い」にしてませんでしょうか?

こんな音楽聴くなんてどうかしてるぜ、って思う人も中にはいるとおもうんですよね。こんな普通のお姉さんな見た目なのに、こんなドロドロした音楽聴くのか・・・ちょっと怖いな、みたいなね。

多分人にどう思われているか考えた時、このように思うんじゃないかな。

 

それとは逆で、例えば流行ってて見た目もかっこいい音楽を、特に好きじゃないけど聴いてればオレもかっこいいって思われるから聴いてる、って人いっぱいいるでしょうね。

 

音楽に例えて言ってるけど、他のもの全てに当てはまります。

洋服だって、住む家住む場所だって、恋人や友達だってそう。

 

こういう風に思われたいからこういうものをチョイスする。本当はそんなの好みじゃないのに・・・その自分との不協和音が、世界の不協和音に直結するんです。

これびっくりだけど、ほんとにそうなのです。私にとってクラシック音楽なんて癒しもクソもなく、ただの流れている音楽ってだけなんだけど、脳にいいとか癒されるとか言われてちょっと聴いた時あったんですよね。

 

結果、すっごく疲れました(笑)

 

 

興味のない音楽を聴いて、癒されよう!頭よくなろう!と「しようとした」から疲れたのだと思います。

私に響いたクラシックは、エリックサティだけでした。(クラシックの世界でも変人変態が好きとはいかに・・・)

 

 

好き嫌いはあっていいのだと思います。

嫌いがあるから好きもあって、それはこの二次元の世界では当たり前なことなので。

だけど、自分と他人の好き嫌いを混同しないで。自分の好き嫌いを無視し続けると、そこから不協和音が鳴り響き、現実の創造が始まります・・・怖 

私を無視しないでよ!って誰かに思ってる人、それ自分のことを一番自分で無視してませんか?ただ自分の思いが現実に現れてるだけですよ。

 

 

いい機会なので、私の本音(世間的にはあまり良しとされないこと)を書いてみます。

 

 

「男は金を稼いでなんぼ、女に使ってなんぼ」

「養えない男など男である資格なし」

「愛される人は、お金や物質は愛が形を変えただけのものだということを知っている」

「ずるいのが女という生きもの(そこがかわいい)」

 

 

www.youtube.com

斉藤一人さんの女にモテるためのお話、爆笑ものだから男も女も必聴です。とくにキャバ嬢のバッグの話は最高でした。)

 

 

多分、ほとんどの女の人にこういう気持ちがあると思うんだけど、現代では女も稼げるようになってるから、言うと嫌われるとか他人の目(まただ)があって、言えなかったり自覚できないのですね。でもそうやって本心を隠したまま、いい女(物わかりのいい女)でいようとするとどうなるか。(デート?割り勘でいいよ♡うん大丈夫♡)

 

そこから不協和音が鳴り響き、現実の創造が始まります・・・(二度目)

 

(例えば、私なんておごってもらえる価値がないんだ・・・結果、価値がないという現実を呼び寄せる)

 

 

いい女っていうのも、他人から見たいい女ってあるでしょう?例えば雑誌に載ってるような、朝は日の出と共に起きてウォーキングして朝食作って、グリーンスムージー飲んで、みたいな。その後ヨガしてクラシック音楽の中ティータイム、みたいな。

歩くのもヨガもグリーンスムージーも紅茶も嫌い、朝マックでいいし起きるのは家出るギリギリでいいよ、って人は雑誌に従ってたら一生いい女になれません(笑)

 

女の人はねー、そんなに頑張らなくっていいと思うんだよね。おしゃべりしてお茶して一日が終わっていいんだよね〜。

 

え?

だめ?

 

結婚したら共働きしてほしい?

 

 

f:id:subeteumai:20160421152002j:plain

 

 

生物学的に言えば、動物も人間も同じ真実があります。

 

女は男がいなくても生きていける(むしろ長生きする)

男は女がいなければ生きていけない(短命に終わる)

 

これ、何でなんでしょうかね?

ずっと考えてたんだけど分からないので、こう書いて終わります。

 

 

 

「地球そのものが女性エネルギーだから」

 

f:id:subeteumai:20160421144845j:plain

 

 

 

☆ちなみにメシュガーのアルバム買うときは、 (Special Edition)をお勧めします。ここに入ってるBleedのライブバージョンは、凄まじいです。

スポンサードリンク