六花ノ雨音

六花恵のABUNAI日記。思うままに世界を楽しむブログです。アクセサリー作家、トータルビューティー、音楽、アートなど。

病気の人に優しくできない心のからくり その2

この前書いたこの記事で、病人に優しくできない自分はどんな思いを抱えてるのか内観したとお伝えしました。

 

mutsumi.hateblo.jp

 

 

その日はただ悲しい感情だけがあったんですが、次の日ある出来事を思い出しました。

中学生の頃、起立性調節障害というので毎晩のようにぶっ倒れてたんです。

 

inphs-od.com

 

朝起きられないのは当たり前、だって夜寝れないんだもん。

寝れないと言うか、みんなが寝静まった時に静かに起きていたかった。

私の場合、大体よる10時くらいに失神してました。お風呂に入ると大体倒れますね。その夜も「また」倒れたんだけど、その時はリビングで髪の毛濡れたまま倒れてたんです。気付くと、母がキッチンで洗い物をしている・・・

倒れた私に気付いてるのに、放置してただお皿を洗ってました。

おいおい私こんなところで倒れてるんだけど・・・と思い、気持ち悪いと言ってみたけど無反応。

 

そんなことが何度かあったのを思い出しました。

いや〜、こんなのもうすっかり忘れてたわ!笑

 

あのころの浮かばれなかった思いを、今感じてあげて自分をなぐさめました。

そういえばその頃飼ってた雑種犬も、私が倒れたのに無視して散歩続行してたことがありました(笑)私は道ばたで倒れてたので、近所のおばちゃんが車で家まで運んでくれましたが、うちの犬はのんきに散歩してふら〜っと帰ってきたのを、今思い出しました(笑)

 

 

 

www.youtube.com

 

 

犬にも助けてもらえなくてショックなのに、母に見捨てられるとはものすごいショックだったことでしょう(笑)

でももう大丈夫、自分で自分を癒したからね。

そしたら今朝、母が仕事へ行きました。まだウイルス滞在中なのに。昨日は、後二日様子見るとか言ってたのに、自ら仕事へ行きましたよ。

自分を癒すと、まわりは変わります。

 

きっと、病人に優しくできない人はたくさんいると思う。頭では優しくしたいと思うんだけど、心がついてかない。イライラするし、腹も立つ。それってきっと、自分の中にうかばれなかった思いがあるってことだと思う。

きっと、成仏したがってる思いがある。

それを癒してあげられるのは、自分だけ。

 

まわりの出来事は、それを気付かせてくれるってだけなんです。

 

 

 

 

スポンサードリンク